ご注文の流れ

お預かりした3DデータをZprinterで出力する場合

1.お客様が作成したデータを弊社へお送りください。
8MBまでのデータはメールで受け取ることができます。 それ以上の容量がある場合はFireStorageや宅ファイル便などのファイル便にてお送りください。
2.お預かりしたデータを弊社で検証いたします。
Zprinterは石膏ベースの積層造形のため、極度に薄い物や細かい物を造形することはできません。それらを含め、造形前にモデルを検証いたします。 (詳しくは下記「データ作成時のご注意」をご覧ください。)
造形するにあたり、データに修正の必要がある場合は事前に修正箇所をお客様にお伝えし、修正作業(有償)を行います。モデルのスケールはこの時点までに決めます。
修正後、画像により、お客様に最終データの確認をしていただきます。
3.Zprinterにて造形を開始いたします。
修正の完了したデータをZprinter用のフォーマットに変換し、造形を開始いたします。
造形後はモデルに対して仕上げ加工を行います。これにより、モデルの強度を高め、発色も鮮やかに仕上がります。
4.モデルを発送いたします。
仕上がったモデルはアクリルケースに入れ、厳重梱包によりお客様のもとへ発送いたします。

※お預かりしたデータは、お客様のお手元にモデルが届いた時点で、確実に消去いたします。

弊社にて3Dデータを作成・Zprinterで出力する場合

1.Google Sketchupによる建築3Dデータを作成いたします。
お客様からお預かりした資料(2次元データ・紙媒体の図面等)より
弊社スタッフがスケッチアップデータを作成いたします。
(基本的にはZprinterによる造形が可能なモデルデータを作成いたします。)
2.データの確認をしていただきます。
データは納品前に画像で確認していただきます。
3.Zprinterにて造形を開始いたします。
弊社で作成したデータから造形をいたします。
また、このデータを使いレンダリング画像・アニメーションデータ等の
作成も可能です。
4.モデルを発送いたします。
仕上がったモデルはアクリルケースに入れ、3Dデータ(CDR)・図面と共に、厳重梱包によりお客様のもとへ発送いたします。

※お預かりしたデータは、お客様のお手元にモデルが届いた時点で、確実に消去いたします。

データ作成時のご注意

弊社で使用しておりますZprinterは、石膏パウダーによる積層型の造形機です。その為、データの状態によっては出力困難な場合があります。 お客様でデータを作成される場合は、以下の点にご注意ください。

極度に薄いパーツ、細かいパーツ

Zprinterの特性上、出力するにあたり、極度に薄いパーツ、細かいパーツは避けてください。ただし形状や模型の大きさによっては、最低肉厚0.5mmまで造形可能です。 (例えば1/100の住宅模型を想定した場合、内壁の厚さは模型寸法で0.8mm、原寸で80mm以上、窓ガラスの厚さは模型寸法で0.5mm、原寸で50mm以上となります。)
データの作成について、詳しく確認されたいお客様はお気軽にお問い合わせください。

画像1-1

壁厚が不足している例。出力した際十分な強度が得られない可能性があります。

画像1-1

十分な壁厚を確保したデータの例。

極度に薄いパーツ、細かいパーツ
模型として宙に浮いているパーツを造形することはできません。また、極端に接点の少ないパーツなど、制作時に破損の恐れがある場合は弊社スタッフの判断により、造形ができないとする可能性があります。
画像1-1

このように宙に浮いたパーツを造形することはできません。

画像1-1

他のパーツとの接点をつくることで造形が可能になります。

極度に薄いパーツ、細かいパーツ
Zprinterは、石膏パウダーによる造形機です。その為、窓ガラス等の透明な表現はできません。外観からインテリアを見せたい場合などは、あらかじめ窓部分を外しておく必要があります。
画像1-1

データ上で透明であっても3Dプリンターでは不透明なパーツとして出力されます。

画像1-1

左のデータを実際に出力した例。

※データの作成について詳しく確認されたいお客様は、弊社で作成した住宅のサンプルデータ(スケッチアップデータ)を用意しております。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせください

エムワイ造形ではお客様のお問い合わせをお待ちしております。
造形に関するご質問・お見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

  • TEL : 0561-32-0848
  • FAX : 0561-32-0727
  • メールフォーム